とれまがファイナンス - CFD取引 - 商品先物CFD - CFDエデュケーション徹底解説

CFD取引の基本から応用テクニックなど

とれまが - 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。CFD・FX・株式投資の投資情報ファイナンスポータルサイト-とれまがファイナンス

とれまが > ファイナンス > CFD > 商品先物CFD

CFD Education 徹底解説

商品先物CFD

商品先物(コモディティ先物)とは、農産物や鉱工業材料等の商品の将来的な価格を金融商品にしたものです。身近なところでは、金、銀、原油、小麦、トウモロコシなどがあります。中には、オレンジジュースや豚バラ肉などの珍しい商品もあります。CFDではこのような目にする機会の少ない商品も取引できるのも魅力の1つです。

商品先物CFDは、指数先物CFDと同様に限月があるので、限月がいつなのか、限月の切り替わり時にどのように価格が変動するのかなど、注意しなければならない点もあります。また、限月の無いスポット取引を提供しているCFD業者もあり、こちらの方が取扱いが簡単なのでビギナーにとっては扱いやすいかも知れません。

取引対象としても面白い商品先物ですが、価格の変動を知る事で生活に役立てる事も出来ます。特に原油先物の価格変動はガソリン価格の変動に直結していますので、原油先物から、目先のガソリンの価格変動を予想できます。実際は原油先物の価格がガソリン価格に反映されるまで、約2ヶ月程のタイムラグがありますが、日々の節約にも役立つのではないでしょうか。

原油よりも更に生活に密接した商品では小麦先物があります。小麦は麺類、パン、菓子類など、多岐に渡り使用されており、2007年年末から2008年始めの価格の高騰により、身の回りの小麦使用食品の多くが値上げされたのは、皆さんも良くご存知かと思います。

このように、現物株や指数先物とは違った意味でも役に立つ商品先物は、CFD取引をする上では非常に興味深い商品です。

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.