とれまがファイナンス - CFD取引 - 債券CFD - CFDエデュケーション徹底解説

CFD取引の基本から応用テクニックなど

とれまが - 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。CFD・FX・株式投資の投資情報ファイナンスポータルサイト-とれまがファイナンス

とれまが > ファイナンス > CFD > 債券CFD

CFD Education 徹底解説

債券CFD

債券先物CFDとは、主に国が発行する債券、つまり国債の値動きを反映した商品です。国債の他、各通貨の短期金利CFDも含まれています。国債は3年国債、10年国債といったように複数商品が用意されています。

通常の債券には満期日ば設定されていますが、債券先物CFDに満期日はありません。ポジションがある場合は自動的に繰り越しとなります。一般的な債券は銀行預金よりも高い利息が魅力の商品で、多くの投資家は利回り目的に取引されますが、CFDのおいては利回り目的ではなく、値動きによる売買差益(キャピタルゲイン)を目的としています。

債券の取り扱い対象となる国は、日本、米国をはじめ、ドイツ、イギリス、カナダなどに限られてますが、商品数は増えつつあります。債権CFDの取り扱い業者は多くなく、米国債CFDや、日本国債CFDを取引したい方は、事前に商品ラインナップを確認する必要があります。

スプレッドや証拠金率も各社差がありますので、こちらも合わせて確認が必要です。現在、債券先物CFD取引では手数料を設定していない業者が多く、基本的に手数料は発生しないものと考えて良さそうです。

国債価格は政策金利と逆連動する事が多く、金利が上がると国債は下がり、金利が下がると国債は上がる、という場面が多く見られます。そのため、米国の政策金利が決定されるFOMC(連邦公開市場委員会)は国債を取引する上では必ずチェックする必要があるでしょう。最近ではアメリカのFRB(連邦準備制度理事会)による米国債買い入れのニュース等でも、債券価格が変動するので注意が必要です。

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.