とれまがファイナンス - CFD取引 - CFDについて - CFDエデュケーション徹底解説

CFD取引の基本から応用テクニックなど

とれまが - 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。CFD・FX・株式投資の投資情報ファイナンスポータルサイト-とれまがファイナンス

とれまが > ファイナンス > CFD > CFDとは

CFD Education 徹底解説

CFDとは

CFDとは Contract For Difference の頭文字を取った略名で、商品や金融証券、これらを元に派生した金融商品の取引における差金決済を指します。90年代まではエクイティスワップと呼ばれ、機関投資家のみが取引できた商品で、現在、世界70カ国以上の投資家に取引されています。

最大の特徴は、日本でも普及したFXと同様に証拠金を用いる金融商品であり、レバレッジ取引が可能で、資金効率の高い投資ができる点です。そして、売買可能な金融商品が国内株式や為替のみならず、海外株式、指数先物、商品先物、債券など、多岐に渡るのも大きな特徴です。

株式との違いは相対取引であるという点です。通常、上場企業の株式の売買する場合、証券会社を通じ、取引所が注文の取次ぎを行いますが、CFDの場合は投資家が取引する相手(CFD取扱業者)と直接取引する、相対取引(非取引所取引)での決済になります。

CFDの歴史

先述通り、かつてはエクイティスワップと呼ばれ、主に機関投資家に取引されていた金融商品でしたが、2000年からイギリスで個人投資家向けにCFD取引が開始されました。現在では、ロンドンにおける株式売買の約30%はCFD取引で行われています。この数字からも投資家の関心度、需要の高さが見て取れます。

日本国内でCFD取引が開始されたのはごく最近のことで、サービスを提供している業者も多くありません。しかし、日本以外の先進国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)では約10年前から個人投資家向けのサービスが開始されており、世界的には既に認知されている金融商品なのです。

今後、日本でも株取引、FX取引と同様に、個人投資家が様々な商品や債券などを、自由に直接取引できるCFDは、新たな投資スタイルとして期待されています。

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.